a896から899.
しょうみつぼう ごしょ.
にちれんだいしょうにん 56さい おんさく.

 

a896

しょうみつぼう ごしょ  

けんじ 3ねん 56さい おんさく  
だいにちきょうをば ぜんむい ふくう こんごうち とうの ぎに いわく 
「だいにちきょうの りと ほけきょうの りとは おなじき ことなり  
ただ いんと しんごんとが ほけきょうは れつなり」と たてたり  
りょうしょわしょう こうしゅ ゆいけん なんど もうす ひとは 
だいにちきょうは けごんきょう ほけきょう ねはんぎょう とうには およばず  
ただ ほうとうぶの きょう なるべし  
にほんの こうぼうだいし いわく 
「ほけきょうは なお けごんきょう とうに おとれり  
まして だいにちきょうには およぶ べからず」とう うんぬん  
また いわく「ほけきょうは しゃかの せつ だいにちきょうは だいにちにょらいの せつ  
きょうしゅ すでに ことなり  
また しゃかにょらいは だいにちにょらいの おんつかいとして けんきょうを とき たもう  
これは みっきょうの しょもん なるべし」  
あるいは いわく  
「ほけきょうの かんじんたる じゅりょうほんの ほとけは けんきょうの なかにしては 
ほとけ なれども みっきょうに たいすれば ぐばくの ぼんぷ なり」と うんぬん  
にちれん かんがえて いわく 
だいにちきょうは しんやくの きょう とうの げんそうこうていの おんとき 
かいげん 4ねんに てんじくの ぜんむいさんぞう もてきたる  
ほけきょうは くやくの きょう こうしんの ぎょうに らじゅうさんぞう もてきたる  
その ちゅうかん 300よねん なり  
ほけきょう わたりて のち ひゃくよねんを へて てんだいちしゃだいし 
きょうもんには 5じ4きょうを たてて 
かみ 500よねんの がくしゃの きょうそうを やぶり 
かんもんには いちねんさんぜんの ほうもんを さとりて はじめて ほけきょうの りを えたり  
てんだいだいし いぜんの さんろんしゅう いごの ほっそうしゅうには 8かいを たて じっかいを ろんぜず  
いちねんさんぜんの ほうもんをば たつべき ようなし  
けごんしゅうは てんだい いぜんには なんぼくの しょし 
けごんきょうは ほけきょうに すぐれたりとは もうし けれども 
けごんしゅうの なは そうらわず  
とうの よに こうそうの きさき そくてんこうごうと もうす ひとの おんとき 
ほうぞうほっし ちょうかん なんど もうす ひと けごんしゅうの なを たてたり  
この しゅうは きょうそうに ごきょうを たて かんもんには じゅうげん 6そう なんど もうす ほうもん なり  
おびただしき ように みえたり しかども 
ちょうかんは てんだい をはする ようにて なお 
てんだいの いちねんさんぜんの ほうもんを かりとりて 
わが きょうの しんにょくえしの もんの こころと す  
これは けごんしゅうは てんだいに おちたりと いうべきか  
また いちねんさんぜんの ほうもんを ぬすみ とりたりと いうべきか  
りょうかんは じかいの ひと だいしょうの かいを いちじんをも やぶらざれども 
いちねんさんぜんの ほうもんをば ぬすみ とれり  
よくよく くでん あるべし  

→b896

a897

しんごんしゅうの なは てんじくに ありや いなや  
だいなる ふしん なるべし  
ただ しんごんきょうに ありけるを 
ぜんむい とうの しゅうの なを かんどにして つけたりけるか  
よくよく しるべし  
なかんずく ぜんむい とう ほけきょうと だいにちきょうとの しょうれつを はんずるに 
りどうじしょうの しゃくをば つくりて 
いちねんさんぜんの りは ほけきょう だいにちきょう これ おなじ なんど いえども 
いんと しんごんとが ほけきょうには なければ じほうは だいにちきょうに おとれり  
じそう かけぬれば じりくみつも なしと ぞんぜり  
いま にほんこく および しょしゅうの がくしゃら 
ならびに ことに もちゆ べからざる てんだいしゅう ともに この ぎを ゆるせり  
れいせば しょしゅうの ひとびとをば そねめども 
いちどうに みだの なを となえて じしゅうの ほんぞんを すてたるが ごとし  
てんだいしゅうの ひとびとは いちどうに しんごんしゅうに おちたる ものなり  
にちれん りの ゆくところを ふしんして いわく  
ぜんむいさんぞうの ほけきょうと だいにちきょうとを 
りは おなじく じは すぐれたりと たつるは 
てんだいだいしの はじめて たて たまえる いちねんさんぜんの りを 
いま だいにちきょうに とりいれて おなじと じゆうに はんずる じょう ゆるさるべしや  
れいせば さきに ひとまろが 
ほのぼのと あかしの うらの あさぎりに しま かくれ ゆく ふねを しぞ おもうと よめるを 
きの しくぼう みなもとの したがう なんどが はんじて いわく 
「この うたは うたの ちち うたの はは」とう うんぬん  
いまの ひと われ うた よめりと もうして 
ほのぼのと ないし ふねを しぞ おもうと いちじも たがえず  
よみて わが さいは ひとまろに おとらずと もうすをば ひと これを もちゆべしや  
やまがつあま なんどは もちゆる ことも ありなん  
てんだいだいしの はじめて たて たまえる いちねんさんぜんの ほうもんは 
ほとけの ちち ほとけの はは なるべし  
100よねん いごの ぜんむいさんぞうが この ほうもんを ぬすみとりて 
だいにちきょうと ほけきょうとは りどう なるべし  
りどうと もうすは いちねんさんぜん なりと かけるをば 
ちえ かしこき ひとは もちゆべしや  
じしょうと もうすは いん しんごん なし なんど もうすは てんじくの だいにちきょう ほけきょうの しょうれつか  
かんどの ほけきょう だいにちきょうの しょうれつか  
ふくうさんぞうの ほけきょうの ぎきには ほけきょうに いん しんごんを そえて やくせり  
にんのうきょうにも らじゅうの やくには いん しんごん なし  
ふくうの やくの にんのうきょうには いん しんごん これあり  
これらの てんじくの きょうぎょうには むりょうの こと あれども 
がっし かんど くにを へだてて とおく ことごとく  
もちて きがたければ きょうを りゃくする なるべし  

→b897

a898

ほけきょうには いん しんごん なけれども 
にじょうさぶつ こうこくみょうごう くおんじつじょうと もうす きぼの こと あり  
だいにちきょうとうには いん しんごんは あれども にじょうさぶつ くおんじつじょう これ なし  
にじょうさぶつと いん しんごんとを ならぶるに てんちの しょうれつ なり  
40よねんの きょうぎょうには にじょうは はいしゅの ひとと 1じ 2じ ならず  
むりょうむへんの きょうぎょうに きらわれ 
ほけきょうには これを はして にじょうさぶつを のべたり  
いずれかの きょうぎょうにか いんしんごんを きらう ことば あるや  
その ことば なければ また だいにちきょうにも その なを きらわず  
ただ いんしんごんを とけり  
いんと もうすは ての よう なり  
て ほとけに ならずば ての いん ほとけに なるべしや  
しんごんと もうすは くちの よう なり  
くち ほとけに ならずば くちの しんごん ほとけに なるべしや  
にじょうの さんごうは ほけきょうに あい たてまつらずは 
むりょうこう 1200よそんの いん しんごんを ぎょうずとも ほとけに なる べからず  
すぐれたるにじょうさぶつの じほうをば とかずと もうして 
おとれる いんしんごんを とける じほうをば すぐれたりと もうすは 
りに よれば ぬすっと なり じに よれば れついしょうけんの げどう なり  
この とがに よりて えんまの せめをば かおりし ひと なり  
のちに くい かえして てんだいだいしを あおいで 
ほっけに うつりて あくどうをば のがれしなり  
くおんじつじょう なんどは だいにちきょうには おもいも よらず  
くおんじつじょうは いっさいの ほとけの ほんち 
たとえば たいかいは くおんじつじょう ぎょちょうは 1200よそん なり  
くおんじつじょう なくば 1200よそんは うきくさの ね なきがごとし  
よるの つゆの にちりんの いでざるほど なるべし  
てんだいしゅうの ひとびと このことを わきまえずして しんごんしに たぼらかされたり  
しんごんしは また じしゅうの あやまりを しらず  
いたずらに あくどうの じゃねんを つみおく  
くうかいわしょうは この りを わきまえざる うえ 
けごんしゅうの すでに やぶられし じゃぎを かりとりて 
ほけきょうは なお けごんきょうに おとれりと びゃっけん せり  
きもうの ちょうたん とかくの うむ かめの こうには けなし なんぞ ちょうたんを あらそい 
うさぎの あたまには つの なし  
なんの うむを ろんぜん  
りどうと もうす ひと いまだ えんまの せめを のがれず  
だいにちきょうに おとる けごんきょうに なお おとると もうす ひと ほうぼうを のがるべしや  
ひとは かわれども その ほうぼうの ぎ おなじかるべし  
こうぼうの だいいちの みでし かきのもときの そうじょう 
こんじょうきと なりし これを もって しるべし  
くうかい かいげ なくば あくどう うたがう べしとも おぼえず  
その ながれを うけたる ひとびと また いかん  
とうて いわく ほっし ひとり この あくげんを はく いかん  
こたえて いわく にちれんは この ひとびとを なんずるには あらず  
ただ ふしん する ばかりなり  
いかり おぼせば さで おわしませ  

→b898

a899

げどうの ほうもんは いっせんねん 800ねん 5てんに はびこりて 
りんおう より ばんみん こうべを かたむけたり しかども 
95しゅ ともに ほとけに やぶられたりき  
じょうろんしが じゃぎ 100よねん なりしも やぶれき  
なんぼくの 300よねんの じゃぎも やぶれき  
にほん 260よねんの 6しゅうの ぎも やぶれき  
その うえ この ことは でんぎょうだいしの ある ふみの なかに やぶられて そうろうを もうすなり  
にほんこくは だいじょうに 5しゅう あり  
ほっそう さんろん けごん しんごん てんだい 
しょうじょうに さんしゅう あり くしゃ じょうじつ りっしゅう なり  
しんごん けごん さんろん ほっそうは だいじょう より いでたりと いえども 
くわしく ろんずれば みな しょうじょう なり  
しゅうと もうすは かい じょう えの さんがくを そなえたる ものなり  
その なかに じょう えは さておきぬ  
かいを もって だいしょうの ぼうじを うちわかつ ものなり  
とうじの しんごん ほっそう さんろん けごんとうは かいだん なき ゆえに 
とうだいじに いりて しょうじょう りっしゅうの ろにゅう しゅうふんの かいを たもつ  
かいを もつて ろんぜば これらの しゅうは しょうじょうの しゅう なるべし  
ひえいざんには てんだいしゅう しんごんしゅうの 2しゅう 
でんぎょうだいし ならい つたえ たまいたり しかども 
てんだんえんとんの えんじょう えんね えんかいの かんだん たつべきよし もうさ せたまいし ゆえに 
てんだいしゅうに たいしては しんごんしゅうの な あるべからずと おぼして 
てんだいほっけしゅうの しかん しんごんと あそばして くげへ まいらせ たまいき  
でんぎょう より じかく たまわらせ たまいし せいかいの もんには 
てんだいほっけしゅうの しかん しんごんと ただしく のせられて 
しんごんしゅうの なを けずられたり  
てんだいほっけしゅうは ぶつりゅうしゅうと もうして ほとけ より たてられて そうろう  
しんごんしゅうの しんごんは とうぶんの しゅう 
ろんし にんし はじめて しゅうの なを たてたり  
しかるを ことを だいにちにょらい みろくぼさつらに よせたる なり  
ほとけ ごぞんじの ぎょいは ただ ほけきょう いっしゅう なるべし  
しょうじょうには 2しゅう 18しゅう 20しゅう そうらえども 
ただ しょせんの りは むじょうの いちり なり  
ほっそうしゅうは ゆいしんうきょう 
だいじょうしゅう むりょうの しゅう ありとも 
しょせんは ゆいしんうきょうとだに いわば ただ 1しゅう なり  
さんろんしゅうは ゆいしんむきょう 
むりょうの しゅう ありとも しょせん ゆいしんむきょう ならば ただ 1しゅう なり  
これは だいじょうの くうの いちぶんか  
けごんしゅう しんごんしゅう あがらば たんちゅう 
くだらば だいじょうの くうう なるべし  
きょうもんの せっそうは なお けごん はんにゃにも およばず  
ただし よき ひとと おぼしき ひとびとの おおく しんじたる あいだ 
げじょを おうの あいするに にたり  
だいにちきょう とうは げじょの ごとし りは たんちゅうに すぎず 
ろんし にんしは おうの ごとし  
ひとの あいするに よって いぼうが ある なるべし  
かみの もんどう とうは とうじは よ すえに なりて  
ひとの ち あさく まんしん たかき ゆえに もちゆる ことは なくとも 
しょうにん けんじん なんども いでたらん ときは しさいもや あらんずらん  
ふびんに おもい まいらすれば めやすに ちゅうせり  
おんひまには ならわせ たもうべし  
これは だいじの ほうもん なり  
こくうぞうぼさつに まいりて つねに よみ たてまつらせ たもうべし  

しょうみつぼうに これを つかわす  
にちれん かおう  

→b899

 
→b896
→c896
 ホームページトップ
inserted by FC2 system