b1014から1017
太田左衛門尉御返事 (おおたさえもんのじょう ごへんじ).
日蓮大聖人 57歳 御作.

 

b1014

おおたさえもんのじょう ごへんじ.
太田左衛門尉 御返事.

こうあん がんねん 4がつ 57さい おんさく.
弘安 元年 四月 五十七歳 御作.

とうげつ 18にちの ごじょう.
当月 十八日の 御状.

おなじき 23にちの うまのこく ばかりに とうらい.
同じき 廿三日の 午の剋 計りに 到来.

やがて はいけん つかまつり そうらい おわんぬ.
軈 拝見 仕り 候い 畢んぬ.

ごじょうの ごとく おふせ がもく じっかんもん.
御状の 如く 御布施 鳥目 十貫文.

たち おうぎ いっぽん しょうこう 20りょう たまい そうろう.
太刀 五明 一本 焼香 廿両 給い 候.

そもそも ごじょうに いわく.
抑 専ら 御状に 云く.

それがし ことしは 57に まかりなり そうらえば たいやくの としかと おぼえ そうろう.
某 今年は 五十七に 罷り成り 候へば 大厄の 年かと 覚え 候.

なにやらんとして しょうがつの げじゅんの ころより.
なにやらんして 正月の 下旬の 比より.

うづきの このころに いたり そうろうまで.
卯月の 此の比に 至り 候まで.

しんしんに くろう おおく しゅったい そうろう.
身心に 苦労 多く 出来 候.

もとより じんしんを うくる ものは かならず しんしんに しょびょう そうぞくして.
本より 人身を 受くる 者は 必ず 身心に 諸病 相続して.

ごたいに くろう あるべしと もうしながら ことさらに うんぬん.
五体に 苦労 あるべしと 申しながら 更に 云云.

このこと さいだいいちの なげきの ことなり.
此の事 最第一の 歎きの 事なり.

12いんねんと もうす ほうもん あり.
十二因縁と 申す 法門 あり.

こころは われらが みは しょくを もって たいと なす.
意は 我等が 身は 諸苦を 以て 体と 為す.

されば せんせに ごうを つくる ゆえに しょくを うけ.
されば 先世に 業を 造る 故に 諸苦を 受け.

せんせの しゅう ぼんのうが しょくを まねき あつめ そうろう.
先世の 集 煩悩が 諸苦を 招き 集め 候.

かこの 2いん げんざいの 5か げんざいの 3いん みらいの りょうかとて.
過去の 二因 現在の 五果 現在の 三因 未来の 両果とて.

さんぜ しだいして いっさいの くかを かんずるなり.
三世 次第して 一切の 苦果を 感ずるなり.

ざいせの 2じょうが これらの しょくを うしなわんとして くうりに しずみ.
在世の 二乗が 此等の 諸苦を 失はんとて 空理に 沈み.

けしんめっちして ぼさつの ごんぎょう しょうじんの こころざしを わすれ.
灰身滅智して 菩薩の 勤行 精進の 志を 忘れ.

くうりを しょうとく せんことを しんごくと おもうなり.
空理を 証得 せん事を 真極と 思うなり.

ほとけ ほうとうのとき これらの しんちを だんかし たまいしなり.
仏 方等の時 此等の 心地を 弾呵し 給いしなり.

しかるに せいを この さんがいに うけたるもの くを はなるるもの あらんや.
然るに 生を 此の 三界に 受けたる者 苦を 離るる者 あらんや.

らかんの おうぐすら なお かくのごとし.
羅漢の 応供すら 猶 此くの如し.

いわんや ていげの ぼんぷおや.
況や 底下の 凡夫をや.

さてこそ いそぎ しょうじを はなれたるべしと すすめ もうし そうらえ.
さてこそ いそぎ 生死を 離るべしと 勧め 申し 候へ.

これら たいの ほうもんは さておきぬ.
此等 体の 法門は さて置きぬ.

ごへは ことしは だいやくと うんぬん.
御辺は 今年は 大厄と 云云.

むかし ふぎのきょうに こうがと もうす かわ より かめと もうす うお.
昔 伏羲の御宇に 黄河と 申す 河 より 亀と 申す 魚.

はっけと もうす ふみを こうらに おいて うきいでたり.
八卦と 申す 文を 甲に 負て 浮出たり.

ときの ひと この もんを とりあげて みれば.
時の 人 此の 文を 取り挙げて 見れば.

ひとの しょうねん より ろうねんの おわりまで やくの さまを あかしたり.
人の 生年 より 老年の 終りまで 厄の 様を 明したり.

→a1014

b1015

やくどしの ひとの あやうき ことは.
厄年の 人の 危き 事は.

しょうすいに すむ うおを とび かささぎ なんどが うかがい.
少水に 住む 魚を 鴟 鵲 なんどが 伺ひ.

ともしびの あたりに すめる なつの むしの かちゅうに いらんと するが ごとく あやうし.
燈の 辺に 住める 夏の 虫の 火中に 入らんと するが 如く あやうし.

きじん ややもすれば この ひとの たましいを うかがい なやまさんと す.
鬼神 ややもすれば 此の 人の 神を 伺ひ なやまさんと す.

しんないと もうす ときは もろもろの かみ みに あり.
神内と 申す 時は 諸の 神 身に 在り.

ばんじ こころに かなう.
万事 心に 叶う.

しんげと もうす ときは もろもろの かみ.
神外と 申す 時は 諸の 神.

しきの いえを いでて ばんじを けんぶん するなり.
識の 家を 出でて 万事を 見聞 するなり.

とうねんは きへんは しんげと もうして.
当年は 御辺は 神外と 申して.

しょしん たこくへ ゆうぎょう すれば つつしんで じょさい とくらくを いのり たもうべし.
諸神 他国へ 遊行 すれば 慎んで 除災 得楽を 祈り 給うべし.

また ほんしょうの ひとに わたらせ たまえば.
又 木性の 人にて 渡らせ 給へば.

ことしは だいやく なりとも しゅんかの ほどは なにごとか わたらせ たもうべき.
今年は 大厄 なりとも 春夏の 程は 何事か 渡らせ 給うべき.

しょうもんしょうきょうに いわく.
至門性経に 云く.

「きは きんに あって こうようし ひは みずを えて ひかり めっし.
「木は 金に 遇つて 抑揚し 火は 水を 得て 光 滅し.

つちは きに あいて ときに やせ.
土は 木に 値いて 時に 痩せ.

きんは ひに いって きえうせ.
金は 火に 入つて 消え失せ.

みずは つちに あって いかず」とう うんぬん.
水は 土に 遇つて 行かず」等 云云.

さして ひき もうすべき きょうもんには あらざれども.
指して 引き 申すべき 経文には あらざれども.

よが ほうもんは 4しつだんを こころに かけて もうすならば.
予が 法門は 四悉檀を 心に 懸けて 申すならば.

あながちに じょうぶつの ことわりに たがわざれば.
強ちに 成仏の 理に 違わざれば.

しばらく せけん ふつうの ぎを もちゆべきか.
且らく 世間 普通の 義を 用ゆべきか.

しかるに ほけきょうと もうす おんきょうは しんしんの しょびょうの りょうやく なり.
然るに 法華経と 申す 御経は 身心の 諸病の 良薬 なり.

されば きょうに いわく.
されば 経に 云く.

「この きょうは すなわち これ えんぶだいの ひとの やまいの りょうやく なり.
「此の 経は 則ち 為 閻浮提の 人の 病の 良薬 なり.

もし ひと やまい あらんに この きょうを きくことを えば.
若し 人 病 有らんに 是の 経を 聞くことを 得ば.

びょうそくしょうめつして ふろうふし ならん」とう うんぬん.
病即消滅して 不老不死 ならん」等 云云.

また いわく「げんせは あんのんにして ごしょうには ぜんしょ ならん」とう うんぬん.
又 云く「現世は 安穏にして 後生には 善処 ならん」等 云云.

またいわく「しょよの おんてき みな ことごとく さいめつせん」とう うんぬん.
又云く「諸余の 怨敵 皆 悉く 摧滅せん」等 云云.

とりわけ たてまつる おんまもり ほうべんぼん じゅりょうほん おなじくは.
取分 奉る 御守り 方便品 寿量品 同じくは.

いちぶ かきて まいらせたく そうらえども.
一部 書きて 進らせ度 候へども.

とうじは さりがたき ひまども いる こと そうらえば.
当時は 去り難き 隙ども 入る 事 候へば.

りゃくして 2ほん たてまつり そうろう.
略して 二品 奉り 候.

あいかまえ あいかまえて おんみを はなさず.
相構え 相構えて 御身を 離さず.

かさね つつみて ごしょじ あるべき ものなり.
重ね つつみて 御所持 有るべき 者なり.

この ほうべんぽんと もうすは しゃくもんの かんじん なり.
此の 方便品と 申すは 迹門の 肝心 なり.

この ほんには ほとけ じゅうにょ じっそうの ほうもんを ときて.
此の 品には 仏 十如 実相の 法門を 説きて.

じっかいの しゅじょうの じょうぶつを あかし たまえば.
十界の 衆生の 成仏を 明し 給へば.

しゃりほつらは これを きいて むみょうの わくを だんじ.
舎利弗等は 此れを 聞いて 無明の 惑を 断じ.

しんいんの くらいに かなう のみならず.
真因の 位に 叶う のみならず.

みらい けこうにょらいと なりて.
未来 華光如来と 成りて.

じょうぶつの かくげつを りくせかいの あかつきの そらに えいぜり.
成仏の 覚月を 離垢世界の 暁の 空に 詠ぜり.

じっかいの しゅじょうの じょうぶつの はじめは これなり.
十界の 衆生の 成仏の 始めは 是なり.

とうじの ねんぶつしゃ しんごんしの ひとびと.
当時の 念仏者 真言師の 人人.

じょうぶつは わが えきょうに かぎれりと ふかく しゅうするは.
成仏は 我が 依経に 限れりと 深く 執するは.

これらの ほうもんを しゅうがく せずして.
此等の 法門を 習学 せずして.

みけんしんじつの きょうに とく ところの みょうじ ばかりなる じゅきを しゅうする ゆえなり.
未顕真実の 経に 説く 所の 名字 計りなる 授記を 執する 故なり.

きへんは ひごろは これらの ほうもんに まよい たまい しかども.
貴辺は 日来は 此等の 法門に 迷い 給い しかども.

にちれんが ほうもんを きいて けんじゃ なれば.
日蓮が 法門を 聞いて 賢者 なれば.

ほんしゅうを たちまちに ひるがえし たまいて ほけきょうを たもち たもう のみならず.
本執を 忽に 飜し 給いて 法華経を 持ち 給う のみならず.

けっくは しんみょう よりも この きょうを だいじと おぼしめす こと.
結句は 身命 よりも 此の 経を 大事と 思食す 事.

ふしぎが なかの ふしぎ なり.
不思議が 中の 不思議 なり.

→a1015

b1016

これは ひとえに いまの ことに あらず.
是れは 偏に 今の 事に 非ず.

かこの しゅくえん かいはつ せるに こそ かくは おぼしめすらめ.
過去の 宿縁 開発 せるに こそ かくは 思食すらめ.

ありがたし ありがたし.
有り難し 有り難し.

つぎに じゅりょうほんと もうすは ほんもんの かんじん なり.
次に 寿量品と 申すは 本門の 肝心 なり.

また この ほんは いちぶの かんじん いちだいしょうきょうの かんじん のみならず.
又 此の 品は 一部の 肝心 一代聖教の 肝心 のみならず.

さんぜの しょぶつの せっぽうの ぎしきの たいよう なり.
三世の 諸仏の 説法の 儀式の 大要 なり.

きょうしゅしゃくそん じゅりょうほんの いちねん3000の ほうもんを しょうとくし たもう ことは.
教主釈尊 寿量品の 一念三千の 法門を 証得し 給う 事は.

さんぜの しょぶつと ないしょう ひとしきが ゆえなり.
三世の 諸仏と 内証 等しきが 故なり.

ただし この ほうもんは しゃくそん いちぶつの こしょう のみに あらず.
但し 此の 法門は 釈尊 一仏の 己証 のみに 非ず.

しょぶつも また しかなり.
諸仏も 亦 然なり.

われら しゅじょうの むし いらい ろくどうしょうじの なみに ちんぼつ せしが.
我等 衆生の 無始 已来 六道生死の 浪に 沈没 せしが.

いま きょうしゅ しゃくそんの しょせつの ほけきょうに あい たてまつる ことは.
今 教主 釈尊の 所説の 法華経に 値い 奉る 事は.

むかし かこに この じゅりょうほんの くおんじつじょうの いちねん3000を ちょうもんせし ゆえなり.
乃往 過去に 此の 寿量品の 久遠実成の 一念三千を 聴聞せし 故なり.

ありがたき ほうもん なり.
有り難き 法門 なり.

けごん しんごんの がんそ ほうぞう ちょうかん ぜんむい こんごうち ふくうらが.
華厳 真言の 元祖 法蔵 澄観 善無畏 金剛智 不空等が.

しゃくそん いちだいしょうきょうの かんじん なる じゅりょうほんの いちねん3000の ほうもんを ぬすみ とりて.
釈尊 一代聖教の 肝心 なる 寿量品の 一念三千の 法門を 盗み 取りて.

もとより みずからの えきょうに とかざる けごん だいにちきょうに.
本より 自の 依経に 説かざる 華厳経 大日経に.

いちねん3000 ありと いって とりいるる ほどの ぬすびとに ばかされて.
一念三千 有りと 云つて 取り入るる 程の 盗人に ばかされて.

まつがく ふかく この けんを しゅうす.
末学 深く 此の 見を 執す.

はかなし はかなし.
墓無し 墓無し.

けっくは しんごんの にんしの いわく.
結句は 真言の 人師の 云く.

あらそって だいごを ぬすんで おのおの じしゅうに なずく」と うんぬん.
「争つて 醍醐を 盗んで 各自宗に 名く」と 云云.

また いわく「ほけきょうの にじょうさぶつ くおんじつじょうは むみょうの へんいき.
又 云く「法華経の 二乗作仏 久遠実成は 無明の 辺域.

だいにちきょうに とく ところの ほうもんは みょうの ぶんい」とう うんぬん.
大日経に 説く 所の 法門は 明の 分位」等 云云.

けごんの にんし いわく.
華厳の 人師 云く.

「ほけきょうに とく ところの いちねん3000の ほうもんは しよう.
「法華経に 説く 所の 一念三千の 法門は 枝葉.

けごんの ほうもんは こんぽんの いちねん3000 なり」うんぬん.
華厳経の 法門は 根本の 一念三千 なり」云云.

これ あとかたも なき びゃっけん なり.
是 跡形も 無き 僻見 なり.

しんごん けごんきょうに いちねんさんぜんを ときたらば こそ.
真言 華厳経に 一念三千を 説きたらば こそ.

いちねんさんぜんと いう みょうもくをば つかわめ おかし おかし.
一念三千と 云う 名目をば つかはめ おかし おかし.

きもうとかくの ほうもん なり.
亀毛兎角の 法門 なり.

ただしく くおんじつじょうの いちねん3000の ほうもんは.
正しく 久遠実成の 一念三千の 法門は.

ぜんしみ ならびに ほけきょうの しゃくもん 14ほん まで ひせさせ たまいて ありしが.
前四味 並びに 法華経の 迹門 十四品 まで 秘させ 給いて 有りしが.

ほんもん しょうしゅうに いたりて じゅりょうほんに とき あらわし たまえり.
本門 正宗に 至りて 寿量品に 説き 顕し 給へり.

この いちねんさんぜんの ほうしゅをば.
此の 一念三千の 宝珠をば.

みょうほう ごじの こんごうふえの ふくろに いれて.
妙法 五字の 金剛不壊の 袋に 入れて.

まつだい びんぐの われら しゅじょうの ために のこし おかせ たまいしなり.
末代 貧窮の 我等 衆生の 為に 残し 置かせ 給いしなり.

しょうほう ぞうほうに いでさせ たまいし ろんし にんしの なかに.
正法 像法に 出でさせ 給いし 論師 人師の 中に.

この だいじを しらず.
此の 大事を 知らず.

ただ りゅうじゅ てんじん こそ こころの そこに しらせ たまい しかども.
唯 竜樹 天親 こそ 心の 底に 知らせ 給い しかども.

いろにも いださせ たまわず.
色にも 出ださせ 給はず.

てんだいだいしは げんもん しかんに ひせんと おぼしめし しかども.
天台大師は 玄文 止観に 秘せんと 思召し しかども.

まつだいの ためにや しかん じっしょう だい7 しょうかんの しょうに いたりて.
末代の 為にや 止観 十章 第七 正観の 章に 至りて.

ほぼ かかせ たまいたり しかども.
粗 書かせ 給いたり しかども.

うすはに しゃくを もうけて さて やみ たまいぬ.
薄葉に 釈を 設けて さて 止み 給いぬ.

ただ りかんの いちぶんを しめして じの いちねん3000をば しんしゃくし たもう.
但 理観の 一分を 示して 事の 三千をば 斟酌し 給う.

かの てんだいだいしは しゃっけの しゅう なり.
彼の 天台大師は 迹化の 衆 なり.

この にちれんは ほんげの いちぶん なれば.
此の 日蓮は 本化の 一分 なれば.

さかんに 本門の ことの ぶんを ひろむべし.
盛に 本門の 事の 分を 弘むべし.

→a1016

b1017

しかるに かくの ごとき だいじの ぎりの こもらせ たもう おんきょうを.
然に 是くの 如き 大事の 義理の 籠らせ 給う 御経を.

かきて まいらせ たまえば いよいよ しんを とらせ たもうべし.
書きて 進らせ 候へば 弥信を 取らせ 給うべし.

かんぼつほんに いわく.
勧発品に 云く.

「まさに たって とおく むかえて まさに ほとけを うややまうが ごとく すべし」とう うんぬん.
「当に 起つて 遠く 迎えて 当に 仏を 敬うが 如く すべし」等 云云.

あんらくぎょうほんに いわく.
安楽行品に 云く.

「しょてん ちゅうやに つねに ほうの ための ゆえに しかも これをえいご す.
「諸天 昼夜に 常に 法の 為の 故に 而も 之を 衛護 す.

ないし てんの もろもろの どうじ もって きゅうしを なさん」とう うんぬん.
乃至 天の 諸の 童子 以て 給使を 為さん」等 云云.

ひゆほんに いわく.
譬喩品に 云く.

「その なかの しゅじょうは ことごとく これ わがこ なり」とう うんぬん.
「其の 中の 衆生は 悉く 是れ 吾が子 なり」等 云云.

ほけきょうの じしゃは きょうしゅ しゃくそんの みこ なれば.
法華経の 持者は 教主釈尊の 御子 なれば.

いかでか ぼんてん たいしゃく にちがつ しゅうせいも.
争か 梵天 帝釈 日月 衆星も.

ちゅうや ちょうぼに まもらせ たまわざるべきや.
昼夜 朝暮に 守らせ 給はざるべきや.

やくのとし さいなんを はらわん ひほうには ほけきょうに すぎず.
厄の年 災難を 払はん 秘法には 法華経に 過ぎず.

たのもしきかな たのもしきかな.
たのもしきかな たのもしきかな.

さては かまくらに そうらいし ときは こまごま もうし うけたまわり そうらい しかども.
さては 鎌倉に 候いし 時は 細細 申し 承わり 候い しかども.

いまは おんごくに きょじゅう そうろうに よりて めんえつを きすること さらに なし.
今は 遠国に 居住 候に 依りて 面謁を 期する事 更に なし.

されば しんちゅうに ふくみたる ことも ししゃ たまずさに あらざれば もうすに およばず.
されば 心中に 含みたる 事も 使者 玉章に あらざれば 申すに 及ばず.

なげかし なげかし.
歎かし 歎かし.

とうねんの だいやくをば にちれんに まかせ たまえ.
当年の 大厄をば 日蓮に 任せ 給へ.

しゃか たほう じっぽう ぶんしんの しょぶつの ほけきょうの おんやくそくの じつ ふじつは.
釈迦 多宝 十方 分身の 諸仏の 法華経の 御約束の 実 不実は.

これにて はかる べきなり.
是れにて 量る べきなり.

またまた もうすべく そうろう.
又又 申すべく 候.

こうあん がんねん つちのえとら 4がつ 23にち.
弘安 元年 戊寅 四月 廿三日.

にちれん かおう.
日蓮 花押.

おおたさえもんのじょうどの ごへんじ.
太田左衛門尉殿 御返事.

→a1017

 
→a1014
→c1014
 ホームページトップ
inserted by FC2 system