b1449から1451.
弥三郎殿御返事 (やさぶろうどの ごへんじ).
日蓮大聖人 56歳 御作.

 

b1449

やさぶろうどの ごへんじ.
弥三郎殿 御返事.

けんじ 3ねん 56さい おんさく.
建治 三年 五十六歳 御作.

これは むちの ぞくにて そうらえども うけたまわり そうらいしに.
是は 無智の 俗にて 候へども 承わり 候いしに.

たっとく おもい まいらせ そうらいしは.
貴く 思ひ 進らせ 候いしは.

ほっけの だい2の まきに こんし 3がいとかや もうす もんにて そうろう なり.
法華の 第二の 巻に 今此 三界とかや 申す 文にて 候なり.

この もんの こころは いま この にほんこくは しゃかぶつの ごりょう なり.
此の 文の 意は 今 此の 日本国は 釈迦仏の 御領 なり.

てんしょうだいじん はちまんだいぼさつ じんむてんのう とうの いっさいの かみ.
天照太神 八幡大菩薩 神武天皇 等の 一切の 神.

こくしゅ ならびに ばんみん までも しゃかぶつの ごしょりょうの うちなる うえ.
国主 並に 万民 までも 釈迦仏の 御所領の 内なる 上.

この ほとけは われら しゅうじょうに みっつの ゆえ おわします だいおんの ほとけ なり.
此の 仏は 我等 衆生に 三の 故 御坐す 大恩の 仏 なり.

ひとつには こくしゅ なり.
一には 国主 なり.

ふたつには ししょう なり.
二には 師匠 なり.

みっつには おやちち なり.
三には 親父 なり.

この さんとくを そなえ たもうことは じっぽうの ほとけの なかに ただ しゃかぶつ ばかりなり.
此の 三徳を 備へ 給う事は 十方の 仏の 中に 唯 釈迦仏 計りなり.

されば いまの にほんこくの いっさいしゅじょうは.
されば 今の 日本国の 一切衆生は.

たとい しゃかぶつに ねんごろに つかうること とうじの あみだぶつの ごとくすとも.
設い 釈迦仏に ねんごろに 仕ふる事 当時の 阿弥陀仏の 如くすとも.

また たぶつを ならべて おなじように もてなし まいらせば だいなる とがなり.
又 他仏を 並べて 同じ様に もてなし 進らせば 大なる 失なり.

たとえば わが あるじの しかも ちしゃにて おわさんを たこくの おうに おもいかえて.
譬えば 我が 主の 而も 智者にて 御坐さんを 他国の 王に 思ひ替えて.

にほんこくに すみながら かんど こうらいの おうを おもんじて.
日本国に すみながら 漢土 高麗の 王を 重んじて.

にほんこくの おうに おろそか ならんをば.
日本国の 王に おろそか ならんをば.

この くにの だいおう いみじと もうすもの ならんや.
此の 国の 大王 いみじと 申す者 ならんや.

いわんや にほんこくの しょそうは ひとりも なく.
況や 日本国の 諸僧は 一人も なく.

しゃかにょらいの おんでし あたまを そり ころもを きたり.
釈迦如来の 御弟子として 頭を そり 衣を 著たり.

あみだぶつの でしには あらぬぞかし.
阿弥陀仏の 弟子には あらぬぞかし.

しかるに しゃかどう ほっけどう がぞう もくぞう ほけきょう いちぶも たもち そうらわぬ そうどもが.
然るに 釈迦堂 法華堂 画像 木像 法華経 一部も 持ち 候はぬ 僧共が.

さんとく まったく そなわりたまえる しゃかぶつをば さしおきて.
三徳 全く 備はり給へる 釈迦仏をば 閣きて.

いっとくも なき あみだぶつを くに こぞりて ごう むら いえ ごとに.
一徳も なき 阿弥陀仏を 国 こぞりて 郷 村 家 ごとに.

ひとの かず よりも おおく たて ならべ.
人の 数 よりも 多く 立て ならべ.

あみだぶつの みょうごうを いっこうに もうして いちにちに 6まん 8まん なんどす.
阿弥陀仏の 名号を 一向に 申して 一日に 六万 八万 なんどす.

→a1449

b1450

うち みて そうろう ところは あらとうとや とうとやと みえ そうらえども.
打ち 見て 候 所は あら貴や 貴やと 見へ 候へども.

ほけきょうを もって み まいらせ そうらえば.
法華経を 以て 見 進らせ 候へば.

なかなか ひびに じゅうあくを つくる あくにん よりは とが おもきは ぜんにん なり.
中中 日日に 十悪を 造る 悪人 よりは 過 重きは 善人 なり.

あくにんは いずれの ほとけにも よりまいらせ そうらわねば おもい かわる へんもなし.
悪人は 何れの 仏にも よりまいらせ 候はねば 思い 替る 辺もなし.

もし また ぜんにんとも ならば ほけきょうに つき まいらする ことも ありなん.
若し 又 善人とも 成らば 法華経に 付き 進らする 事もや 有りなん.

にほんこくの ひとびとは いかにも あみだぶつより しゃかぶつ.
日本国の 人人は 何にも 阿弥陀仏より 釈迦仏.

ねんぶつよりも ほけきょうを おもく したしく.
念仏よりも 法華経を 重く したしく.

こころ よせに おもい まいらせぬること かたかるべし.
心 よせに 思い 進らせぬる 事 難かるべし.

されば この ひとびとは ぜんにん にて あくにん なり.
されば 此の 人人は 善人に 似て 悪人 なり.

あくにんの なかには いちえんぶだい だいいちの だいほうぼうの もの だいせんだいの ひと なり.
悪人の 中には 一閻浮提 第一の 大謗法の 者 大闡提の 人 なり.

しゃかぶつ この ひとをば ほけきょうの 2の まきに.
釈迦仏 此の 人をば 法華経の 二の 巻に.

「その ひと みょうじゅうして あびごくに いらん」と さだめさせ たまえり.
「其の 人 命終して 阿鼻獄に 入らん」と 定めさせ 給へり.

されば いまの にほんこくの しょ そうらは.
されば 今の 日本国の 諸 僧等は.

だいばだった くぎゃりそんじゃにも すぎたる だいあくにん なり.
提婆達多 瞿伽梨尊者にも 過ぎたる 大悪人 なり.

また ざいけの ひとびとは これらを たっとみ くようし たもう ゆえに.
又 在家の 人人は 此等を 貴み 供養し 給う 故に.

この くに がんぜんに むけんじごくと へんじて.
此の 国 眼前に 無間地獄と 変じて.

しょにん げんしんに だいけかち だいえきびょう せんだい なき だいくを うくる うえ.
諸人 現身に 大飢渇 大疫病 先代に なき 大苦を 受くる 上.

たこく より せめらるべし.
他国 より 責めらるべし.

これは ひとえに ぼんてん たいしゃく にちがつとうの おんはからい なり.
此れは 偏に 梵天 帝釈 日月 等の 御はからひ なり.

かかる ことをば にほんこくには ただ にちれん ひとり ばかり しって.
かかる 事をば 日本国には 但 日蓮 一人 計り 知つて.

はじめは いうべきか いうまじきかと うらおもい けれども.
始は 云うべきか 云うまじきかと うらおもひ けれども.

さりとては いかに すべき.
さりとては 何に すべき.

しっさいしゅじょうの ふぼたる うえ ほとけの おおせを そむくべきか.
一切衆生の 父母たる 上 仏の 仰せを 背くべきか.

わが み こそ いかようにも ならめと おもいて いいいだせ しかば.
我が 身 こそ 何様にも ならめと 思いて 云い出せ しかば.

20よねん ところを おわれ でしらを ころされ.
二十余年 所を おはれ 弟子等を 殺され.

わがみも きずを こうむり にどまで ながされ.
我が 身も 疵を 蒙り 二度まで 流され.

けっくは くび きられんとす.
結句は 頸 切られんとす.

これ ひとえに にほんこくの いっさいしゅじょうの だいくに あわんを かねて.
是れ 偏に 日本国の 一切衆生の 大苦に あはんを 兼て.

しりて なげき そうろうなり.
知りて 歎き 候なり.

されば こころ あらん ひとびとは われらが ためにと おぼしめすべし.
されば 心あらん 人人は 我等が 為にと 思食すべし.

もし おんを しり こころ ある ひとびとは ふたつ あたらん つえには ひとつは かわるべき こと ぞかし.
若し 恩を 知り 心 有る 人人は 二 当らん 杖には 一は 替わるべき 事 ぞかし.

さこそ なからしめ かえって あだを なし なんど せらるることは こころえず そうろう.
さこそ 無からめ 還つて 怨を なし なんど せらるる事は 心得ず 候.

また ざいけの ひとびとの よくも きき ほどかずして.
又 在家の 人人の 能くも 聞き ほどかずして.

あるいは ところを おい あるいは でしらを あだまるる こころえぬさよ.
或は 所を 追ひ 或は 弟子等を 怨まるる 心えぬさよ.

たとい しらずとも あやまりて まことの おやを かたきぞと おもい たがえて のり.
設い 知らずとも 誤りて 現の 親を 敵ぞと 思ひたがへて 詈り.

あるいは うちころし たらんは いかに とがを まぬがるべき.
或は 打ち 殺し たらんは 何に 科を 免るべき.

この ひとびとは あらぎをば しらずして.
此の 人人は 我が 荒気をば 知らずして.

にちれんが あらぎの ように おもえり.
日蓮が 荒気の 様に 思へり.

たとえば ものねたみする おんなの まなこを いからして とわりを にらむれば.
譬えば 物ねたみする 女の 眼を 瞋らかして 後妻を にらむれば.

おのが けしきの うとましきをば しらずして.
己が 気色の うとましきをば 知らずして.

かえって とわりの まなこ おそろしと いうがごとし.
還つて 後妻の 眼おそろしと 云うが如し.

これらの ことは ひとえに こくおうの おんたずね なき ゆえなり.
此等の 事は 偏に 国主の 御尋ね なき 故なり.

また いかなれば おんたずね なきぞと もうすに.
又 何なれば 御尋ね なきぞと 申すに.

この くにの ひとびと あまり とが おおくして.
此の 国の 人人 余り 科 多くして.

いちじょう こんじょうには たこくに せめられ.
一定 今生には 他国に 責められ.

ごしょうには むけんじごくに おつべき あくごうの さだまりたるが ゆえなりと.
後生には 無間地獄に 堕つべき 悪業の 定まりたるが 故なりと.

きょうもん れきれきと そうらいしかば しんじ まいらせて そうろう.
経文 歴歴と 候いしかば 信じ 進らせて 候.

→a1450

b1451

この ことは おのおの たとい われらが ごとくなる.
此の 事は 各各 設い 我等が 如くなる.

いうに かいなき ものどもを せめ おどし.
云うに かひなき 者共を 責め おどし.

あるいは ところを おわせ たまい そうろうとも.
或は 所を 追わせ 給い 候とも.

よも ついには ただは そうらわじ.
よも 終には 只は 候はじ.

この ごぼうの おんこころざしをば たとい てんしょうだいじん しょうはちまんも よも したがえさせ たまい そうらわじ.
此の 御房の 御心をば 設い 天照太神 正八幡も よも 随へさせ 給ひ 候はじ.

まして ぼんぷをや.
まして 凡夫をや.

されば たびたびの だいじにも おくする こころ なく.
されば 度度の 大事にも おくする 心 なく.

いよいよ ごうじょうに おわしますと うけたまわり そうろうと.
弥よ 強盛に 御坐すと 承り 候と.

かようの すじに もうし たもうべし.
加様の すぢに 申し 給うべし.

さて この ほっし ものもうさば とりかえして.
さて 其の 法師 物申さば 取り返して.

さて もうしつる ことは ひがごとかと かえして.
さて 申しつる 事は 僻事かと 返して.

しゃかぶつは おや なり し なり しゅ なりと もうす もん.
釈迦仏は 親 なり 師 なり 主 なりと 申す 文.

ほけきょうには そうろうかと とうて ありと もうさば.
法華経には 候かと 問うて 有りと 申さば.

さて あみだぶつは ごぼうの おや しゅ しと もうす きょうもんは そうろうかと せめて.
さて 阿弥陀仏は 御房の 親 主 師と 申す 経文は 候かと 責めて.

なしと いわんずるか また ありと いわんずるか.
無しと 云わんずるか 又 有りと 云はんずるか.

もし さるきょうもん ありと もうさば ごぼうの ちちは ふたりかと せめたまえ.
若し さる経文 有りと 申さば 御房の 父は 二人かと 責め給へ.

また なしと いわば さては ごぼうは おやをば すてて.
又 無しと いはば さては 御房は 親をば 捨てて.

いかに たにんを もてなすぞと せめたまえ.
何に 他人を もてなすぞと 責め給へ.

そのうえ ほけきょうは たきょうには にさせ たまわねば こそとて.
其の上 法華経は 他経には 似させ 給はねば こそとて.

40よねんとうの 文を ひかるべし.
四十余年等の 文を 引かるべし.

そくおうあんらくの もんに かからば.
即往安楽の 文に かからば.

さて これには まず つまり たまえる ことは しょうふくかと せめて.
さて 此れには 先ず つまり 給へる 事は 承伏かと 責めて.

それもとて また もうすべし.
それもとて 又 申すべし.

かまえて かまえて しょりょうを おしみ さいしを かえりみ.
構へて 構へて 所領を 惜み 妻子を 顧りみ.

また ひとを たのみて あやぶむ ことなかれ.
又 人を 憑みて あやぶむ 事無かれ.

ただ ひとえに おもいきるべし.
但 偏に 思い切るべし.

ことしの せけんを かがみとせよ.
今年の 世間を 鏡とせよ.

そこばくの ひとの しぬるに いままで いきて ありつるは.
若干の 人の 死ぬるに 今まで 生きて 有りつるは.

このことに あわん ため なりけり.
此の事に あはん 為 なりけり.

これこそ うじがわを わたせし ところよ.
此れこそ 宇治川を 渡せし 所よ.

これこそ せたを わたせし ところよ.
是こそ 勢多を 渡せし 所よ.

なを あぐるか なを くだすかなり.
名を 揚るか 名を くだすかなり.

じんしんは うけがたく ほけきょうは しんじがたしとは これなり.
人身は 受け 難く 法華経は 信じ 難しとは 是なり.

しゃか たほう じっぽうの ほとけ らいじゅうして わが みに いり かわり.
釈迦 多宝 十方の 仏 来集して 我が 身に 入り かはり.

われを たすけ たまえと かんねん せさせ たもうべし.
我を 助け 給へと 観念 せさせ 給うべし.

じとうの もとに めさるる こと あらば.
地頭の もとに 召さるる 事 あらば.

まずは この おもむきを よくよく もうさるべく そうろう.
先は 此の 趣を 能く能く 申さるべく 候.

きょうきょう きんげん.
恐恐 謹言.

けんじ 3ねん ひのとうし 8がつ よっか.
建治 三年 丁丑 八月 四日.

にちれん かおう.
日蓮 花押.

やさぶろうどの ごへんじ.
弥三郎殿 御返事.

→a1451

 
→a1449
→c1449
 ホームページトップ
inserted by FC2 system