b900.
華果成就御書 (はなみ じょうじゅ ごしょ).
日蓮大聖人 57歳 御作.

 

はなみ じょうじゅ ごしょ.
華果 成就 御書.

こうあん がんねん 4がつ 57さい おんさく.
弘安 元年 四月 五十七歳 御作.

あたう じょうけんぼう ぎじょうぼう みのぶに おいて.
与 浄顕房 義浄房 於 身延.

そのご なにごとも うちたえ もうし うけたまわらず そうろう.
其の後 なに事も うちたへ 申し 承わらず 候.

さては けんじの ころ こ どうぜんぼう しょうにんの ために.
さては 建治の 比・ 故 道善房聖人の ために.

にさつ かき つかわし たてまつり そうろうを.
二札 かき つかはし 奉り 候を.

かさがもりにて よませ たまいて そうろうよし.
嵩が森にて よませ 給いて 候よし.

よろこび いって そうろう.
悦び 入つて 候.

たとえば ね ふかき ときんば えだは かれず.
たとへば 根 ふかき ときんば 枝葉 かれず.

みなもとに みず あれば ながれ かわかず.
源に 水 あれば 流 かはかず.

ひは たきぎ かくれば たえぬ.
火は たきぎ かくれば たへぬ.

そうもくは だいち なくして せいちょう すること ある べからず.
草木は 大地 なくして 生長 する事 ある べからず.

にちれん ほけきょうの ぎょうじゃと なって.
日蓮 法華経の 行者と なつて.

ぜんあくに つけて にちれんぼう にちれんぼうと うたわるる.
善悪に つけて 日蓮房 日蓮房と うたはるる.

この ごおん さながら こ ししょう どうぜんぼうの ゆえに あらずや.
此の 御恩 さながら 故 師匠 道善房の 故に あらずや.

にちれんは そうもくの ごとく ししょうは だいちの ごとし.
日蓮は 草木の 如く 師匠は 大地の 如し.

かの じゆのぼさつの じょうしゅ よにんにて まします.
彼の 地涌の菩薩の 上首 四人にて まします.

いちみょう じょうぎょう ないし しみょう あんりゅうぎょうぼさつ うんぬん.
一名 上行 乃至 四名 安立行菩薩 云云.

まっぽうには じょうぎょう しゅっせし たまわば.
末法には 上行 出世し 給はば.

あんりゅうぎょうぼさつも しゅつげん せさせ たもうべきか.
安立行菩薩も 出現 せさせ 給うべきか.

されば いねは はなみ じょうじゅ すれども.
されば 稲は 華果 成就 すれども.

かならず こめの せい だいちに おさまる.
必ず 米の 精 大地に をさまる.

ゆえに ひつじ おいいでて にど はなみ じょうじゅ するなり.
故に ひつぢ 生いでて 二度 華果 成就 するなり.

にちれんが ほけきょうを ひろむる くどくは.
日蓮が 法華経を 弘むる 功徳は.

かならず どうぜんぼうの みに きすべし.
必ず 道善房の 身に 帰すべし.

あら とうと とうと.
あら たうと たうと.

よき でしを もつ ときんば してい ぶっかに いたり.
よき 弟子を もつ ときんば 師弟 仏果に いたり.

あしき でしを たくわいぬれば してい じごくに おつと いえり.
あしき 弟子を たくはひぬれば 師弟 地獄に をつと いへり.

してい いはいせば なにごとも なす べからず.
師弟 相違せば なに事も 成 べからず.

くわしくは またまた もうすべく そうろう.
委くは 又又 申すべく 候.

つねに かたり あわせて しゅつり しょうじして.
常に かたり あわせて 出離 生死して.

どうしんに りょうぜんじょうどにて うなずき かたり たまえ.
同心に 霊山浄土にて うなづき かたり 給へ.

きょうに いわく「しゅうに さんどく あることを しめし また じゃけんの そうを げんず.
経に 云く「衆に 三毒 有ることを 示し 又 邪見の 相を 現ず.

わがでし かくの ごとく ほうべんして しゅじょうを どす」 うんぬん.
我が 弟子 是くの 如く 方便して 衆生を 度す」 云云.

さきざき もうす ごとく おんこころえ あるべく そうろう.
前前 申す 如く 御心得 あるべく 候.

あなかしこ あなかしこ.
穴賢 穴賢.

こうあん がんねん つちのえとら うづき にち.
弘安 元年 戊寅 卯月 日.

にちれん かおう.
日蓮 花押.

じょうけんぼう ぎじょうぼう.
浄顕房 義浄房.

 
→a900
→c900
 ホームページトップ
inserted by FC2 system