b908.
大尼御前御返事 (おおあまごぜん ごへんじ).
御述作の年度は不明.

 

おおあまごぜん ごへんじ.
大尼御前 御返事.

ごくそつ えんまおうの たけは じゅっちょう ばかり おもては すを さし.
ごくそつ えんま王の 長は 十丁 ばかり 面は すを さし.

まなこは にちげつの ごとく はわ まんがの この ように.
眼は 日月の ごとく 歯は まんぐわの 子の やうに.

くぶしは おおいしの ごとく.
くぶしは 大石の ごとく.

だいちは ふねを うかべたる ように うごき.
大地は 舟を 海に うかべたる やうに うごき.

こえは らいの ごとく はたはたと なり わたらんには.
声は らいの ごとく はたはたと なり わたらむには.

よも なんみょうほうれんげきょうとは おおせ そうらわじ.
よも 南無妙法蓮華経とは をほせ 候はじ.

にちれんが でしにては おわせず.
日蓮が 弟子にては をはせず.

よくよく うちを したためて おおせを かおり そうらわん.
よくよく 内を したためて をほせを かほり 候はん.

なずきを わり みを せめて いのりて み そうらわん.
頭脳を わり みを せめて いのりて み 候はん.

たださきの いのりと おぼしめせ.
たださきの いのりと をぼしめせ.

これより あとは のちの ことを よくよく おんかため そうらえ.
これより 後は のちの 事を よくよく 御かため 候へ.

きょうきょう.
恐恐.

9がつ はつか.
九月 二十日.

にちれん ざいごはん.
日蓮 在御判.

おおあまごぜん ごへんじ.
大尼御前 御返事.

 
→a908
→c908
 ホームページトップ
inserted by FC2 system