c.背景と大意 目次


 
 唱法華題目抄 (しょうほっけだいもくしょう)  法門を もて 邪正を ただすべし 利根と 通力とには よる べからず  c1
 立正安国論 (りっしょうあんこくろん)  汝 須く 一身の 安堵を 思わば 先ず 四表の 静謐を 祷らん 者か  c17
 安国論御勘由来  之を 用いざれば 定めて 後悔 有る可し  c33
 念仏無間地獄抄  信は 道の 源 功徳の 母と 云へり  c97
 宿屋入道への御状  君の為 国の為 神の為 仏の為 内奏を 経らる 可きか  c169
 十一通御書 (じゅういっつう ごしょ)
北条時宗 宿屋左衛門光則 平左衛門尉頼綱 北条弥源太 建長寺道隆 
極楽寺良観 大仏殿別当 寿福寺 浄光明寺 多宝寺 長楽寺 
以上 11個所に 広場対決を迫られた書状
.

亡国の 根源は 浄土 真言 禅 律宗の 邪法悪法より 起れり
日蓮は 日本第一の 法華経の行者 蒙古国退治の 大将 為り
早く 一所に 集まりて 御評議 有る可し


 c169-2
 弟子檀那中への御状  日蓮が 弟子 旦那 流罪 死罪 一定ならん  c177
 行敏御返事 (ぎょうびんごへんじ)  法華の 前に 説ける 一切の 諸経は 皆 是 妄語  c179
 行敏訴状御会通 (ぎょうびん そじょう ごえつう)  日蓮 並びに 弟子等は 阿弥陀仏を 火に入れ 水に流す  c180
 一昨日御書  君の為 仏の為 神の為 一切衆生の為に 言上 せしむる 所なり  c183
 強仁状御返事 (ごういんんじょうごへんじ)  大難は 益々 来る 只今 此の国 滅亡せんとす  c184
 開目抄 上 (かいもくしょう じょう)  国主の 王難 必ず 来るべし (中略) 二辺の 中には いうべし  c186
 開目抄 下 (かいもくしょう げ)  我 日本の柱とならむ 我 日本の眼目とならむ 我 日本の大船とならむ  c210
 如来滅後五五百歳始観心本尊抄
 (にょらいめつごごごひゃくさいにはじむかんじんのほんぞんしょう)
 一閻浮提 第一の 本尊 此の 国に 立つ可し  c238
 観心本尊抄送状
 (かんじんの ほんぞんしょう おくりじょう)
 此の 事 日蓮 身に 当るの 大事 なり 之を 秘す  c255
 撰時抄 (せんじしょう)  浅を 去て 深に 就くは 丈夫の 心なり  c256
 報恩抄  極楽 百年の 修行は 穢土の 一日の 功徳に 及ばず  c293
 報恩抄送文 (ほうおんしょう おくりぶみ)  法門と 申すは 心に 入れぬ 人には いはぬ 事にて 候ぞ  c330
 一生成仏抄  深く信心を発して 日夜 朝暮に又懈らず磨くべし  c383
 十法界明因果抄 (じっぽうかいみょういんがしょう)  何ぞ 生盲 聾 オンア ザ陋 レンビャク 背傴 貧窮 多病 瞋恚 等
 無量の 差別 有りや
 c427
 教機時国抄  時を 知らずして 法を 弘めば 益無き上 還って 悪道に 堕するなり  c438
 如説修行抄  諸宗の 人法 共に 折伏して 御覧ぜよ 三類の強敵 来らん事 疑い無し  c501
 顕仏未来記 (けんぶつ みらいき)  浅きを 去つて 深きに 就くは 丈夫の 心 なり  c505
 顕立正意抄 (けんりつ しょうい しょう)  我 弟子等の 中にも 信心 薄淡き者は 臨終の時 阿鼻獄の 相を現ず  c536
 三世諸仏総勘文教相廃立
 (さんぜしょぶつ そうかんもんきょう そうはいりゅう)
 善知識の 縁に 値わざれば 悟らず 知らず 顕れず 善知識の 縁に
 値えば 必ず 顕るる
 c558
 産湯相承事 (うぶゆ そうじょうの こと)  唯授一人の 秘伝 なり  c878
 佐渡御勘気抄  仏になる 道は 必ず 身命を すつる ほどの事 ありてこそ 仏には なり
 候らめ
 c891
 義浄房御書 (別名、己心仏界抄)  心の 師とは なるとも 心を 師と すべからず  c892
 清澄寺大衆中 (せいちょうじたいしゅうちゅう  虚空蔵菩薩 より 大智慧を 給わりし 事 ありき  c893
 聖密房御書 (しょうみつぼう ごしょ)  二乗作仏と 印 真言とを 並ぶるに 天地の 勝劣 なり  c896
 華果成就御書  (はなみ じょうじゅ ごしょ)  よき 弟子を もつ ときんば 師弟 仏果に いたり あしき 弟子を
 たくはひぬれば 師弟 地獄に をつ
 c900
 別当御房御返事 (べっとうごぼう ごへんじ)  日蓮は 閻浮 第一の 法華経の 行者 なり  c901
 寂日房御書 (じゃくにちぼうごしょ)  同じ はぢ なれども 今生の はぢは ものの かず ならず  c902
 種種御振舞御書 (しゅじゅおふるまいごしょ)  一丈の ほりを こへぬもの 十丈 二十丈の ほりを こうべきか  c909
 四恩抄  螻蟻をも 殺さざれども 悪名 一天に 弥れり  c935
 土木殿御返事 (ときどのごへんじ)  度度 失に あたりて 重罪を けして こそ 仏にも なり 候はん  c950-2
 寺泊御書  悪口して 顰蹙(ひんじゅく)し 数数擯出 せられん  c951
 富木入道殿御返事 (ときにゅうどうどのごへんじ)  命 限り有り 惜む 可からず 遂に 願う可きは 仏国 也  c955
 佐渡御書  師子王の 如くなる 心を もてる者 必ず 仏に なるべし  c956
 富木殿御返事 (ときどの ごへんじ)  諸の 悪人は 又 善知識 なり  c962
 土木殿御返事 (ときどの ごへんじ)  幸い なるかな 我が 身 「数数見擯出」の 文に 当ること  c963
 法華行者逢難事 (ほっけぎょうじゃ ほうなんじ)  喜い哉 況滅度後の 記文に 当れり  c965
 富木殿御返事  汝が 身をば 誰か 生みしぞや 汝が 母 これを 生む  c968
 富木殿御書 (ときどの ごしょ)  我が 門家は 夜は 眠りを 断ち 昼は 暇を 止めて 之を 案ぜよ  c969
 御衣並単衣御書
 (おんころも ならびに ひとえごしょ)
 法華経を 説く 人は 柔和忍辱衣と 申して 必ず 衣 あるべし  c971
 観心本尊得意抄
 (かんじんの ほんぞん とくいしょう
 天台 伝教の 如く 法の まま ありとも 今 末法に 至ては
 去年の 暦の 如し
 c972
 聖人知三世事 (しょうにんちさんぜじ)  軽毀する 人は 頭七分に 破 信ずる者は 福を 安明に 積まん  c974
 富木尼御前御返事 (ときあまごぜんごへんじ)  やのはしる事は 弓のちから (中略) をとこの しわざは めの ちからなり  c975
 富木殿御返事 (ときどの ごへんじ)  讃者は 福を 安明に 積み 謗者は 罪を 無間に 開く  c978
 道場神守護事 (どうじょうしん しゅごの こと)  災 来るとも 変じて 幸と 為らん  c979
 常忍抄 (別名、ほんごんしゅっかいしょう)  魔の 習いは 善を 障えて 悪を 造らしむるをば 悦ぶ 事に 候  c980
 可延定業書 (かえん じょうごうしょ)  一日の 命は 三千界の 財にも すぎて 候 なり  c985
 諸経と法華経と難易の事  仏法は 体の ごとし 世間は かげのごとし 体 曲れば 影 ななめ なり  c991
 治病大小権実違目
 別名、治病抄(ちびょう しょう)
 善と 悪とは 無始よりの 左右の 法 なり  c995
 金吾殿御返事 (別名、だいしこう ごしょ)  今 死罪に 行われぬ こそ 本意 ならず 候へ  c999
 転重軽受法門 (てんじゅうきょうじゅほうもん)  地獄の 苦み ぱつと きへて 死に 候へば  c1000
 大田殿許御書 (おおたどの もと ごしょ)  今生に 人を 恐れて 後生に 悪果を 招くこと 勿れ  c1002
 乗明聖人御返事  諸仏の 師と する 所は 所謂 法 なり  c1012
 大田殿女房御返事  父母師匠等の さむげなるを み まいらせて 我は あつく あたたかにして
 昼夜を すごす 人人の 堕つる 地獄なり
 c1013
 大田殿女房御返事  供養に よりて 現世には 福人と なり 後生には 霊山浄土へ
 まいらせ 給うべし
 c1018
 三大秘法稟承事
 (さんだいひほう ぼんじょうのこと)
 題目とは 二の 意 有り 所謂 正像と 末法と なり  c1021
 曾谷入道殿御返事  餓鬼は 恒河を 火と 見る 人は 水と 見る 天人は 甘露と 見る  c1025
 曾谷殿御返事 (別名、成仏用心抄)  うるし 千ばいに 蟹の 足 一つ 入れたらんが 如し  c1055
 曾谷入道殿御返事 (別名、にょぜがもんのこと)  日蓮を いやしみて 南無妙法蓮華経と 唱え させ 給はぬは (中略)
 病人が 医師を 疑いて 薬を 服せざるが 如し
 c1057
 兄弟抄  心の 師とは なるとも 心を 師と せざれ  c1079
 兵衛志殿御返事 (ひょうえのさかんどの ごへんじ)  設ひ 命に 及ぶとも すこしも ひるむ 事なかれ  c1089
 兵衛志殿御返事 (ひょうえのさかんどの ごへんじ)  三障四魔と 申す 障い でき たれば 賢者は よろこび 愚者は 退く  c1090
 兵衛志殿女房御書
 (ひょうえのさかんどの にょうぼう ごしょ)
 世世 生生 夫婦とならん (中略) 仏にならん 時は 同時に 仏になるべし  c1094
 兵衛志殿御書 (ひょうえのさかんどの ごしょ)  代の 乱れたるに こそ 聖人 愚人は 顕れ 候へ  c1095
 四条金吾女房御書 (しじょうきんごにょうぼうごしょ)  闇 なれども 灯 入りぬれば 明かなり  c1109
 月満御前御書 (つきまろごぜん ごしょ)  いそぎ 名を つけ奉る 月満御前と 申すべし  c1110
 四条金吾殿御書  法華経の 御故なれば 苦をも 苦とも おもはず  c1111
 四条金吾殿御消息 (しじょうきんごどのごしょうそく)  腹を 切らんと 仰せられし 事こそ 不思議とも 申す ばかりなけれ  c1113
 経王殿御返事 (きょうおうどのごへんじ)  日蓮が たましひを すみに そめながして かきて 候ぞ  c1124
 四条金吾殿御返事 (別名 しきょうなんじのこと)  受くるは やすく 持つは かたし さる間 成仏は 持つにあり  c1136
 瑞相御書  依報は 影の ごとし 正報は 体の ごとし 身 なくば 影なし  c1140
 四条金吾殿御返事 (別名 衆生所遊楽御書)  苦をば 苦とさとり 楽をば 楽とひらき 苦楽ともに 思い合せて  c1143
 四条金吾殿御返事 (別名、八風抄)  八風に をかされぬ 人をば 必ず 天は まほらせ 給うなり  c1150
 四条金吾殿御返事 (別名 不可惜所領事)  わざはひの 幸は これなり (中略) さはぎが 大なる 幸となるなり  c1163
 四条金吾殿御返事 (別名、せおうごしょ)  仏法と 申すは 道理なり 道理と 申すは 主に 勝つ 物なり  c1165
 崇峻天皇御書 (すしゅんてんのう ごしょ)  蔵の財よりも 身の財 すぐれたり 身の財より 心の財 第一なり  c1170
 四条金吾御書  中務の さえもんのじやう 第一 なり 天晴男や をとこや  c1175
 陰徳陽報御書  陰徳 あれば 陽報 あり  c1178
 中務左衛門尉殿御返事
 (なかつかさ さえもんのじょうどの ごへんじ)
 人に 二病あり 一には 身の病(中略)二には 心の病  c1179
 四条金吾殿御返事
 (別名、おんしつ たいじん きはのこと)
 大難に 値える 人人 少し (中略) 況滅度後の 記文に 値える 人
 一人も 候はず
 c1180
 四条金吾殿御返事 (別名、所領書)  いよいよ 道心 堅固にして 今度 仏に なり 給へ  c1183
 四条金吾殿御返事 (別名、石虎将軍御書)  神の 護ると 申すも 人の 心 つよきに よると みえて 候  c1185
 日眼女造立釈迦仏供養事
 (にちげんにょぞうりゅうしゃかぶつくようのこと)
 二十九億九万四千八百三十人の 女人の中の 第一なりと おぼしめすべし  c1187
 聖人御難事 (しょうにんごなんじ)  よからんは 不思議 わるからんは 一定と をもへ  c1189
 四条金吾殿御返事
 (別名、剣形書・法華経兵法事)
 なにの 兵法よりも 法華経の 兵法を もちひ 給うべし  c1192
 四条金吾殿御返事  竜の口にて 頚 切られんと せし 時にも (中略) 腹 きらんとの 気色
 なりしをば いつの 世にか 思い 忘るべき
 c1193
 四条金吾許御文 (別名、八幡抄)  八幡大菩薩は 不正直を にくみて 天に のぼり 給う  c1195
 四条金吾殿御返事 (別名、ようか ごしょ)  満月の ごとく なる もちゐ 二十 かんろの ごとく なる せいす 一つつ
 給 候い 畢んぬ
 c1198
 星名五郎太郎殿御返事  大毒蛇 悪鬼神よりも 弘法 善導 法然等の 流の 悪知識を 畏るべし  c1206
 寿量品得意抄 (じゅりょうほん とくいしょう)  寿量品 なくしては 一切経 いたづらごと なるべし  c1210
 五人土籠御書 (ごにんつちろうごしょ)  今月 七日 さどの国へ まかるなり  c1212
 土籠御書 (つちろうごしょ)  日蓮は明日 佐渡の国へ まかるなり  c1213
 日妙聖人御書 (にちみょうしょうにん ごしょ)  日本第一の 法華経の 行者の 女人なり  c1213-2
 乙御前御消息 (おとごぜんごしょうそく)  軍には 大将軍を 魂とす 大将軍 をくしぬれば 歩兵 臆病なり  c1218
 乙御前母御書 (おとごぜんの ははごしょ)  仏に ならせ 給うべき 女人 なり  c1222
 辧殿尼御前御書 (べんどのあまごぜんごしょ)  大兵を をこして 二十余年 なり 日蓮一度も しりぞく 心なし  c1224
 辧殿御消息 (べんどの ごしょうそく)  をもい あわぬ人を いのるは 水の上に 火をたき 空にいゑを つくるなり  c1225
 弥源太殿御返事 (別名、善悪二刀御書)  石は 玉を ふくむ 故に くだかれ 鹿は 皮肉の 故に 殺され
 魚は あぢはひ ある 故に とらる
 c1226
 弥源太入道殿御消息 (別名、建長寺道隆事)  今生の 禍 後生の 福 なり  c1229
 さじき女房御返事 (別名、帷供養御書)  をとこ ぬす人 なれば 女人 ぬす人と なる  c1231
 道妙禅門御書 (どうみょうぜんもんごしょ)  魔 及び 魔民 有りと 雖も 皆 仏法を 護る  c1242
 日女御前御返事  南無妙法蓮華経と ばかり 唱へて 仏になるべき事 尤も 大切なり  c1243
 妙一尼御前御消息  法華経を 信ずる 人は 冬の ごとし 冬は 必ず 春と なる  c1252
 妙一尼御前御返事  南無妙法蓮華経と 唱へ たてまつるを 信心とは 申し 候なり  c1255
 妙一女御返事 (別名、即身成仏法門)  即身成仏は 唯 法華経に 限るなり  c1255-2
 日厳尼御前御返事
 (にちごんあまごぜん ごへんじ)
 御心は水のごとし 信の よはきは にごるが ごとし 信心の いさぎよきは
 すめるが ごとし
 c1262
 王日女殿御返事 (おうにちにょどのごへんじ)  法華経の 一字は 大地の 如し 万物を 出生 す  c1263
 諸人御返事   日蓮 一生の 間の 祈請 並びに 所願 忽ちに 成就 せしむるか  c1284
 小蒙古御書  此の 旨に 違背 せば 門弟を 離すべき 等の 由 存知せる 所 なり  c1284-2
 檀越某御返事 (だんおつぼうごへんじ)  御みやづかいを 法華経と をぼしめせ  c1295
 法衣書 (ほうえしょ)  衣を 人に ほどこさぬ 者は 世世 存生に 裸形の 報を 感ず  c1296
 除病御書 (じょびょう ごしょ)  日夜朝暮に 法華経に 申し上げ 朝暮に 青天に 訴う  c1298-2
 題目功徳御書  先の 功徳は 螢火の ごとし 題目の 功徳は 日月の ごとし  c1300
 大悪大善御書  大事には 小瑞なし 大悪をこれば 大善きたる  c1300-2
 衣食御書  ころもは さむさを ふせぎ あつさ おさえ はじを かくす  c1302-2
 破信堕悪御書 (はしん だあくごしょ)  (釈迦仏を) 悪人は 墨と みる 灰と みる 敵と みる  c1303
 阿仏房御書 (あぶつぼうごしょ)  阿仏房 さながら 宝塔 宝塔 さながら 阿仏房  c1304
 妙法曼陀羅供養事
 (みょうほう まんだら くようのこと)
 生死海の 船なり 成仏 得道の 導師なり  c1305
 阿仏房尼御前御返事  よし にくまば にくめ (中略) 如説修行の 人とは 是れなり  c1307
 千日尼御前御返事 (別名、真実報恩経事)  地 走る者の王たり 師子王のごとし 空 飛ぶ者の王たり 鷲のごとし  c1309
 千日尼御前御返事 (雷門鼓御書)  臨終に (中略) 軽き事 鵞毛の 如し やわらかなる事 兜羅緜の 如し  c1315
 阿仏房御返事  毒身 を棄てて 後に 金身を 受ければ 豈 歎く べけんや  c1317
 千日尼御返事 (別名、こうし たから ごしょ)  をとこは 羽のごとし 女は みのごとし  c1318
 国府入道殿御返事 (こうにゅうどうどのごへんじ)  御子も をはせず 但 をやばかり なり  c1323
 国府尼御前御書 (こうあまごぜんごしょ)  末代の 法華経の 行者を 供養 するは 十号を 具足し まします  c1324
 是日尼御書 (ぜにちあまごしょ)  霊山浄土にては かならず ゆきあひ たてまつるべし  c1335
 遠藤左衛門尉御書  刀杖も 加えず 毒も 害する こと 能はず  c1336
 生死一大事血脈抄
 (しょうじ いちだいじ けつみゃくしょう)
 「在在 諸仏土 常与 師倶生」 よも 虚事 候はじ  c1336-2
 草木成仏口決 (そうもくじょうぶつくけつ)  妙法とは 有情の 成仏 なり 蓮華とは 非情の 成仏 なり  c1338
 祈祷抄  法華経の 行者の 祈りの かなはぬ 事は ある べからず  c1344
 祈祷経送状 (きとうきょう おくりじょう)  法華経を 持ち候 者は 三類の 強敵を 蒙り 候はん  c1356
 諸法実相抄 (しょほうじっそうしょう)  実相と 云うは 妙法蓮華経の 異名なり(中略) 地獄は 地獄の すがたを
 見せたるが 実の相なり
 c1358
 南部六郎殿御書 (別名、こっかほうぼうのこと)  悪人に 親近 すれば 後に 必ず 悪人と 成りて 悪名 天下に 遍し  c1374
 地引御書 (じびき ごしょ)  坊は 十間 四面に また ひさし さして つくりあげ  c1375
 波木井殿御報 (はきいどの ごほう)  いづくにて 死に 候とも はかをば みのぶさわに せさせ 候べく 候  c1376
 大井荘司入道御書
 (おおいしょうじにゅうどう ごしょ)
 竜門と 申して 百丈の 滝 あり(中略)千万に 一も 登る ことを 得れば
 竜と なる
 c1377
 松野殿御消息 (別名、一劫御書  鬼神の 身に 入る 者は 此の 経を 信ぜず  c1378
 松野殿御返事 (別名、十四誹謗抄)  法華経を 持つ者は 必ず 皆 仏 なり 仏を 毀りては 罪を 得る  c1381
 松野殿御消息 (別名、ほうかいぼんじのこと)  宝海梵志 一人 請け取りて 娑婆世界の 人の 師と 成り 給ふ  c1387
 松野殿御返事  南無妙法蓮華経と 唱え 候て 最後 臨終の 時を 見させ 給へ  c1388
 松野殿御返事 (別名、さんがいむあんごしょ)  三界は 安きこと 無し 猶 火宅の 如し  c1388-2
 松野殿御返事  女人 仏に 成らせ 給わん 事 疑い なし  c1390
 松野殿後家尼御前御返事  一眼の 亀の 浮木の 穴に あひがたき 事を 仏 説き 給へり  c1390-2
 松野殿女房御返事 (別名、身延山御書)  兎は 経行の 者を 供養 せしかば 天帝 哀みを なして 
月の 中に をかせ 給いぬ
 c1394
 松野殿女房御返事 (別名、仏身懐胎抄)  心なき 女人の 身には 仏 住み 給はず  c1395
 松野尼御前御返事  日本国の 人には にくまれ 候ぬ  c1396
 浄蔵浄眼御消息
 (じょうぞう じょうげん ごしょうそく)
 法華経に 懸り 付きぬれば 梵王 帝釈だにも 恐れて  寄り付かず
 何に 況や 第六天の 魔王をや
 c1396-2
 妙法尼御前御返事 (別名、いっくかんじんの こと)  悪人も 女人も 畜生も 地獄の 衆生も 十界 ともに 即身成仏と
 説かれて 候
 c1402
 妙法尼御前御返事 (別名、臨終一大事)  先 臨終の 事を 習うて 後に 他事を 習うべし  c1404
 妙法比丘尼御前御返事
 (みょうほうびくにごぜん ごへんじ)
 比丘尼の 御名を 一切衆生喜見仏と 申すは 別の 事に あらず  c1419
 治部房御返事 (じぶぼう ごへんじ)  法華経の かたきと なる 人をば 父母 なれども 殺しぬれば 大罪
 還つて 大善根と なり候
 c1425
 船守弥三郎許御書  凡夫 即 仏なり 仏 即 凡夫なり  c1445
 同一鹹味御書 (どういつ かんみ ごしょ)
 別名、六味御書(ろくみごしょ)
 法華の 意は 一切衆生の 仏性 同一性 なるが 故なり  c1447
 椎名四郎殿御書  生死の大海を 渡るべき船なるべし  c1448
 聖人等御返事  定めて 須臾に 賞罰 有らんか  c1455
 伯耆殿等御返事 (ほうきどの とう ごへんじ)  源は 行智の 勧めに 依りて 殺害 刄傷する 所なり  c1456
 三三蔵祈雨事 (さんさんぞう きうのこと)  悪知識は 大地微塵 よりも をほく 善知識は 爪上の 土よりも すくなし  c1468
 蒙古使御書 (もうこ つかい ごしょ)  悪人を 愛し 善人を 科に あつれば 必ず 其の 国 他国に 破らるる  c1472
 西山殿御返事  うつり やすきは 人の 心 なり 善悪に そめられ 候  c1474
 宝軽法重事 (ほうきょう ほうじゅうの こと)  人は 軽く 法は 重きなり  c1474-2
 西山殿御返事  ふくろは くさけれども つつめる 金は きよし  c1476
 妙心尼御前御返事
 (みょうしんあまごぜん ごへんじ)
 昼夜に かげのごとく まほらせ 給う 法にて候  c1477-3
 窪尼御前御返事 (くぼのあまごぜん ごへんじ)  法華経の かたを あだむ 人人は 剣をのみ 火を手に にぎる なるべし  c1478
 窪尼御前御返事  ね ふかければ は かれず いづみに 玉 あれば 水 たえず  c1479
 妙心尼御前御返事
 (別名、やまいのりょうやくごしょ)
 病に よりて 道心は をこり 候 なり  c1479-2
 窪尼御前御返事  をやを やしなふ 女人 なれば 天も まほらせ 給うらん  c1481
 妙心尼御前御返事  散し花 をちし 木実も さき むすぶ いかに こ人の 返らざるらむ
 こぞも憂く ことしもつらき 月日かな おもひは いつも はれぬものゆへ
 c1482
 窪尼御前御返事  法華経の 一字 供養の 功徳は 知りがたし  c1483
 妙心尼御前御返事  一切の 功徳を 合せて 妙の 文字と ならせ 給う  c1483-2
 窪尼御前御返事  いかでか 仏に ならせ 給はざるべき  c1485
 窪尼御前御返事  まことの 心なれども 供養せらるる 人だにも あしければ 功徳とならず  c1485-2
 三沢抄  一難 二難には 忍びけれども 大難 次第につづき 来りければ 退しける  c1487
 十字御書 (むしもちごしょ)  災いは 口より出でて 身をやぶる 幸いは 心よりいでて 我をかざる  c1491
 上野殿後家尼御返事  いきてをはしき 時は 生の仏 今は 死の仏 生死ともに 仏なり  c1504
 上野殿御返事  法華経にて 仏に ならせ 給いて 候  c1507
 上野殿御返事  仏には 妄語なし (中略) 仏の 御言は あやまりなし  c1508
 上野殿御書  汝が 眷属 貪欲 深き 故に 此の 火災の 難 起るなり  c1513
 単衣抄 (ひとえ しょう)  二十余年が 間 一時 片時も 心 安き 事なし  c1514
 上野殿御消息 (別名、四徳四恩御書)  一筋に 信じ 給ふならば 現世安穏 後生善処 なるべし  c1526
 南条殿御返事  法華経に そら事 あるならば なに事をか 人 信ずべき  c1529
 南条殿御返事  石 なき ところには 玉 よりも 石 すぐれたり 塩 なき ところには
 塩 米にも すぐれて 候
 c1531
 九郎太郎殿御返事  こんろん山と 申す 山には 玉 のみ 有りて 石 なし 石 ともしければ
 玉を もつて 石を かう
 c1535
 本尊供養御書  法華経の 不思議も 又 是くの 如し 凡夫を 仏に 成し 給ふ  c1536
 上野殿御返事
 (別名、ぼんたい おんはからいのこと)
 大難を もちてこそ 法華経 しりたる 人とは 申すべき  c1537
 南条殿御返事  在世の 月は 今も 月 在世の 花は 今も 花 むかしの 功徳は
 今の 功徳 なり
 c1541
 大白牛車書 (だいびゃくごしゃしょ)  一念三千 久遠実成 即身成仏は 法華に 限れり  c1543
 南条殿女房御返事  悪 積れば 地獄となる 善 積れば 仏となる  c1547
 種種物御消息 (しゅじゅのものごしょうそく)  日本国の 人を 皆 やしないて 候 よりも 父母 一人 やしないて 候は
 功徳 まさり 候
 c1547-2
 時光御返事  日本国の 人を 皆 やしないて 候 よりも 父母 一人 やしないて 候は
 功徳 まさり 候
 c1549
 上野殿御返事  御志 大地 よりも あつく 虚空 よりも ひろし  c1551
 上野殿御返事  大雨 大風に 日本一同に 不熟 ゆきて のこれる万民 冬をすごしがたし  c1552
 九郎太郎殿御返事 (くろうたろうどの ごへんじ)  よには かしこき 人は すくなく はかなき ものは をほし  c1553
 上野殿御返事  海辺には 木を 財とし 山中には 塩を 財とす  c1554
 上野殿御返事 (別名、刀杖難事)  日蓮 生れし 時より いまに 一日 片時も こころやすき 事はなし  c1555
 上野殿御返事  法華経は 一闡提を 仏と なし給う  c1559
 上野殿御返事 (別名、竜門御書)  願くは 我が 弟子等 大願を をこせ  c1560
 上野殿御返事  一切の 事は 時に よる 事に 候か  c1561
 上野殿御返事  人は 善根を なせば 必ず さかう  c1562
 上野殿御返事  孝養と 申すは まづ 不孝を 知りて 孝を しるべし  c1563
 上野殿御返事  しばらくの 苦 こそ 候とも ついには たのしかるべし  c1564
 上野殿御返事 (別名、子宝御書)  子 ある 人を 長者と いふ (中略) 子 なき 人を 貧人と いふ  c1566
 南条殿御返事  七らうごらうどのの事 いままでは ゆめか ゆめか まぼろしか まぼろしか  c1566-2
 上野殿御書  臨終 目出たく 候いけり  c1567
 南条殿御返事  南無妙法蓮華経を 只 一度 申せる 人 一人として 仏に ならざるは
 なしと とかせ 給いて 候
 c1573
 上野殿御返事 (別名、すだつちょうじゃごしょ)  わが 身は のるべき 馬 なし 妻子は ひきかくべき 衣 なし  c1574
 上野尼御前御返事  経文には 子をば かたきと とかれて 候  c1575
 南条殿御返事 (別名、ほうみょうにんきのこと)  徳勝童子は 仏 に 土の 餅を 奉りて 阿育大王と 生れて  c1578
 上野殿御返事  一切の 事は 国に より 時に よる 事なり  c1579
 上野尼御前御返事
 (別名、おりょう いりょうの こと)
 千人は 千人ながら 一人も かけず 仏に 成ると 申す 文 なり  c1580
 上野殿母御前御返事 (別名、所労書)  八年が 間 やせやまいと 申し としと 申し としどしに 身 ゆわく  c1583
 大白牛車御消息 (だいびゃくごしゃごしょうそく)  法華経の 行者の 乗るべき 車にて 候なり  c1584
 春初御消息 (はるのはじめ ごしょうそく)  衣は うすし 食は たえたり 夜は かんく鳥に ことならず  c1585
 法華証明抄  人の 地に 倒れて 還つて 地より 起つが 如し  c1586
 白米一俵御書 (別名、理事供養御書)  二つの 財あり 一には 衣 二には 食なり  c1596
 身延相承書  時を 待つ べきのみ  c1600
 池上相承書  釈尊 五十年の 説法 白蓮阿闍梨 日興に 相承 す  c1600-2
 
 
ホームページトップ 
 .
inserted by FC2 system